「オーガニック」や「無添加」は肌にやさしい?

 お肌に良さそう・・ってイメージだけでオーガニック、自然派、無添加化粧品を選んでいるアナタ!!  

 オーガニックの全てを否定する気はありませんが、知っておくべきことがあります。

  オーガニック系は、精製した製品よりアレルギー発生率が上がります。お肌が丈夫な人が使ってください。

 敏感肌の人は、化粧用によく精製された製品を選びましょう。

 ドラッグストア等にある敏感肌用化粧品コーナーの利用もオススメ。

  でも、新しい製品を試す時は面倒でも一回に一つずつ。

  肌荒れした時、どの製品が肌荒れ原因かを見極めるためです。

 

  さて、もう一つ気になる要素。「無添加」。

  「無添加」って何が添加されていないのでしょう?

  実は無添加化粧品の定義について、はっきり定まっていません。各メーカーが、「△△が入ってないよ。△△が無添加」=「無添加化粧品」なのです。

  無添加だからといって必ずしも安全性が高いという訳ではありません。

  その化粧品で「無添加」となった物質は、あなたの肌にアレルギー反応を引き起こす物質ですか?

  アレルギーがある方は、化粧品の成分表示を確認しましょう。アレルギーがないなら、特段、避ける必要もありません。

 

 「オーガニック」「自然派」「無添加」等の言葉の持つイメージに踊らされて、過剰に反応するのそろそろ止めてはどうでしょうか?

 

無添加化粧品はお肌にやさしいのか?